KENOで働く仲間たちを紹介します

児童から高齢者まで幅広い事業を展開し、ひとつの法人で各分野の経験を積めるのが我々県央福祉会の「強み」です。県央福祉会の職員に共通するのは「自らの長所や持ち味を生かし、笑顔あふれる利用者支援をしたい!」「福祉・介護・療育・保育・医療等の分野で一石を投じたい!」という強い意志や熱い想いです。在職年数の長いベテランから、近年入社し活躍中の若手職員まで、県央を支える仲間たちを紹介します。

自らも成長していける尊い仕事です。

鈴木 みなみ

茅ヶ崎南湖ホーム 世話人鈴木 みなみ 2015年入職

担当の業務について教えてください。

食事作りや清掃、買い物同行など利用者さんの全般的な生活支援を行っています。ほかにも、利用者さんの個別支援計画の作成や金銭管理など事務面の業務も担当しています。

入職を決めた理由は?

兄弟が自閉症だったこともあり、大学は社会福祉学科に進学しました。県央福祉会は、生活介護や就労移行支援、就労継続支援、グループホーム、療育など幅広いサービスを提供しており、さまざまな経験を通じて自分のライフワークを見つけていきたい思い入職しました。

お仕事で様々な経験を通じて自分のライフワークを見つけていきたいです

職場の雰囲気や社風について教えてください。

国際貢献活動など、他の法人ではあまり取り組まないことに力を入れていると思います。昨年はスタディツアーのメンバーとしてマレーシアに行き、現地の福祉の実態を学ぶなど、日常業務を離れた新鮮な体験をすることができました。

仕事で大切にしていること、心がけていることはありますか?

どんなに忙しくても利用者さんの前では忙しそうなそぶりをしないように心がけています。笑顔で落ち着いた行動を忘れず、利用者さんが声をかけやすい雰囲気を出せるよう意識しています。

求人詳細・エントリーはこちらから

採用詳細/エントリー